平成23年7月3日

July 3, 2011



士別市 日向ひなた温泉

広々とした農村地帯の広がる士別の盆地の外れにある日向ひなた温泉は<明治33年、山形県出身の貴族院議員「日向 三右衛門氏」が、天塩川の左岸一帯の払い下げを受け、日向農場をつくりました。

その後、明治時代の末期に「田口 善治郎氏」が、農場近くの天塩川西沿岸に湧き出していた鉱泉を発見、そこに温泉場を開いたのが日向温泉の始まりでした
。>と公式ホームページにあるように

歴史のある温泉のようだが、現在はホテル美し乃温泉など近代的な浴場施設が出来ておされ気味か。でも、こちらの温泉は入浴料300 円ととても安い。

周辺にキャンプ場、スキー場が整備されている。

 

士別の農村地帯を一望できる立地。

日向スキー場と隣り合って造られている。スキーのあと、体を温めるには絶好の立地。

 

 

 

本数は少ないようだが、玄関前にバス停があった。

 

 

 

 

 

温泉らしい臭いは無かったが、隣り合う浴槽の井戸水と比べるとやはり温泉水なのかなと思う程度。

古いけれど、清潔に保たれていて悪い感じではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食堂からスキー場を眺めたところ。

 

 

 

 

 

名物はサフォークのお肉らしいが、さすがに一人で挑戦する気力も無く、味噌ラーメンになった。

 

 

 

 

 

玄関左が食堂。

 

右端の四角い建物が温泉。

 

 

 

 

 

日誌に戻る

 

 

 

inserted by FC2 system