平成23年7月24日

July 24, 2011
 

 

沼田町 幌新温泉 ほろしん温泉ほたる館

旭川からは江丹別、深川市多度志経由で一時間ちょいの距離。

単純硫黄冷鉱泉とのことだが、この泉質は炭鉱地帯の特徴のようだ。芦別温泉、奈井江温泉、歌志内チロルの湯なども良く似た泉質と思われる。周辺にはキャンプ場、

蛍の観察コース、化石体験館、ほたる学習館、炭鉱資料館などが整備されていて充実している。

そのためか、このシーズンはなかなかの混みようで、日と時間の選択を誤るとたいへんなことになってしまうだろう。

 

 

幌新温泉からさらに山を分け入ったところに明治31年から雨竜炭山が開発され、昭和44年に閉山されるまで、活況を呈した時代もあったようだ。

現在浅野炭鉱はホロピリ湖の湖底に沈み昭和炭鉱も廃墟の姿をとどめるだけとなっている。

沼田ダムで出来上がったホロピリ湖には見晴らしの良い公園が整備されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤レンガに温泉施設、体育館、レストランがある。

 

渡り廊下で繋がった右側の建物が宿泊施設。

 

 

 

 

 

道路を挟んだ向い側に広い駐車場と化石体験館、ほたる学習館、炭鉱資料館などが整備され、キャンプ場も設けられている。

 

 

 

 

 

炭鉱資料館には、九州炭鉱(株)太刀別鉱業所、昭和炭鉱、浅野炭鉱のかっての姿が写真で展示されている。ただし公開はしているがまだ、準備中。

 

 

 

 

 道路側から見たほたる館。左側、黄色の遮蔽されている部分が男子露天風呂になる。

 

 

 

 

 

大浴場はガラス張りで森林の緑がまぶしく入り込んでいた。

 

 

 

 

 

糖尿病、通風、便秘の適応症。

 

入館した10:00 は人もまばらでしたが、1:00 ほど滞在しているうちに満員御礼が出そうなほどになりました。

 

こちらが露天風呂。道路から丸見えだと批判もあるようだが、男性用なのであまり気にすることも無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのT
そのU

日誌に戻る

 

 

 

inserted by FC2 system